手軽に実践!NHK語学アプリを利用したおすすめ英語勉強法

英語の勉強はなかなか続けれないですよね?

英語を勉強しようとしようとしたときになかなか続かなかったなぁって思う人って多いと思います。続かなかった原因は様々あると思います。

例えば、

  • 高い参考書や問題集を買ってみたけど、解説を見てもわからなかった。
  • リスニングの音声が速くて、音声についていけない。
  • いまいち英語を勉強しようというモチベーションが湧かなかった。
  • 英語が苦手なので、苦手意識があって、勉強しようという気がなかなか出てこない。

続かない理由は挙げれば、キリがないですね。

英語の教材選びを間違っていませんか?

英語学習を始めるときに一番難しいのが、なんといっても教材選びです。

大きな書店やAmazonといった語学コーナーでオススメと書かれている本でも、

自分にピッタリ合うかわからないです。

教材を見つけられない理由の多くは、あなたの弱点が何かを理解していないことだと思います。

リスニングの教材選びとは?

リスニングの教材を例に出してみましょう。

あなたが、リスニングが苦手だとしましょう。

リスニングを決める要素って何だと思いますか?

まずは、単語力ですよね。

あとは何でしょうか?

実は、文法的に正しく解釈する力と英語独特の音を聞き取る力が、必要なんです。

では、どういう基準で教材を選ぶか。

  • 単語力が弱い→音声がついている単語集

4割くらい意味が分かる単語があるものがいい)

  • 音がつかみにくい→音声が遅い教材

ナチュラルスピードより遅いものがいい。100word/minくらい)

  • ・意味がつかみにくい→英文解釈方法が詳しい本

リスニングが弱いということだけでも、

あなたにもピッタリの教材を選ぶことが難しいことがわかりますよね。

英語初学習者には、NHK語学アプリを利用した勉強法がオススメ

私がNHKの語学アプリを利用した勉強をオススメする理由は、

なんといってもお金がかかりにくく、安く済むことです。

その理由は、リスニングの音声は、ラジオでもやスマホアプリでも聞けます。

1か月 400円で学習ができる

仮に本の教材を買おうと思えば、1か月分400円くらいで手に入ります。

実は、これって教材で見れば安上がりなんです。

CDはついていますが、CNN ENGLISH EXPRESSは1,200円しますし、

アルクのEnglish Journalは1,512円(税込)します

教材の品質がしっかりしている

しかも、教材の内容も興味を持てるものが多く、

使いまわしができるような便利表現もしっかりと入っている。

また、講師の解説も入っているので、より理解ができて、定着しやすい

その意味で、教材の品質もしっかりしていて、ユーザーフレンドリーな教材になっている。

レベル別・必要なシーン毎に分かれている。

また、レベルも様々なレベルと用途に向けたものが作られているのです。

例えば、ニュース系の英語をやりたいと思ったら、高校生からの現代英語などの講座をやる。

英会話をやりたいと思ったら、ラジオ英会話をやる。

ビジネスシーンでの英語をやりたいと思ったら、入門ビジネス英語をやる。

このように多種多様なレベルとシーンに応じた英語の使い方ができる設計になっています。

NHKアプリやNHK教材を使ったオススメ勉強方法

英語を学習するときは、音声を文字化したスクリプトが絶対に必要です。

理由は、私たちのノンネイティブスピーカーは、音が正確にとれない場合もありますし、

話されている文の意味を正確に理解できているかを確認できないからです。

そこで、1か月400円だけ投資だと思って、自分のレベルに合いそうな教材を買いましょう。

教材と講座の選び方

教材の重要性は、リスニングを例に書きましたが、

私がオススメの教材を選ぶの基準は以下の基準です。

・音声スクリプトがついていること

スクリプトを見たときに、知らない単語が2割~3割程度のもの

・内容の好き嫌い

・使うと想定する状況とあっているか。

この4つの基準に合いそうな教材を選びましょう。

ラジオ講座の利用の仕方

ラジオ講座の音声自体は、数日おきに新しいものに進んでいきます。

ラジオ講座の音声をスマホの録音アプリを使って録音します。

Androidアプリ

https://matome.naver.jp/odai/2150821869760647201

iPhoneアプリ

https://wepli-dot2.hatenablog.com/entry/osusume-radio-apps

勉強時間は30分でいい。ただしできるだけ毎日

勉強時間はラジオ講座15分聞いて、そのあと15分だけでいいです。

講座を聞いた後の15分を英語の音声に合わせて、シャドーイングをしてみましょう。

だいたい1分くらいの音声なので、10回はできると思います。

それを3日間繰り返しましょう。

シャドーイング3日・音読3日を繰り返そう

シャドーイングを3日繰り返したら、その音の感覚を残した状態で、

音読をシャドーイングと同じように10回繰り返してみましょう。

そして、新しいものに進んでいきましょう。

最終週は、過去の音声の復習になっていますので、過去のレッスンをしっかり行っていると、

より定着できるように工夫されています。

意味と便利表現を徹底的に定着させよう

これまで英語の音のに関して徹底的に身につけたので、最後に意味と音の融合を行っていきます。スクリプトをしっかり見て、意味と英文を一致させます。定着したら、出てきた便利表現を使って、英作文をしてみましょう。キーとなるフレーズを使って、前後を入れ替えたりして、できるだけ多く英文を作って、こうやって使うんだなって感覚を身につけます

ここまでやれば、完璧です!

ここまでやれば、あなたはしっかりと勉強できたことになります。

英語は1日1日しっかりやることが重要なので、1日30分を目安に勉強してみましょう。

できないなぁと思った日は、15分のシャドーイングだけでもいいので、やってみましょう

まとめ

内容をまとめてみると、

  • 英語の勉強が続かない原因はいろいろある。
  • 勉強する教材が見つからないのは、実は弱点がわかっていないことが原因。
  • リスニング教材は、自分自身から少しレベルが高いかなと思うものを買う
  • NHKのアプリを使ったりすれば、月400円で勉強ができる。
  • NHKラジオ講座を録音できるラジオ録音アプリで音声を録音
  • 1日30分の勉強を目指す。
  • まずは、リスニング音声の音をしっかりとれるようにする。
  • そのために、シャドーイングや音読は1日10回は行うようにする。
  • 意味と音の融合を行って、徹底的に学んだものを吸収して、定着させる。

追伸

私も英語は最初独学でやっていたので、参考書を見つけるのに苦労しました。

私の場合、リーディングとライティングはトレーニングしていたので、苦はなかったですが、

リスニングは特に苦労しました。どんな教材で勉強したらいいかなと。

別のページでも紹介しましたが、同時通訳のトレーニングメソッドの本が私には有効でした。

そのメソッドでは当然のごとくシャドーイングを徹底的にやるので、

本当はもっとシャドーイングしていただいたほうがいいと思っています。

ただ、継続することが大切なので、

1日30分だけでいいので、その時間に集中してやってみてください。

あなたにとって、参考になったらうれしいです。

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする